Home » 日記 » 苦手から学ぶ

苦手から学ぶHanaLei

2009年10月16日 category : 日記 

新しい環境、新しい出会い、新しい仕事・・・・

などなど、今まで経験のない体験を始めるとき。

 

経験がないはずなのに、

なんだか過去にも経験したであろう苦痛ともいうべき体験がやってくることがある。

 

苦手な人がそこにいたり・・・・苦手な分野の仕事が舞い込んできたり・・・・・

     見たくないな~と思っていたものも見てしまったり。

 

そんな時、いつも私はそこから逃げて、見たくないものには蓋をして、

まるでなかったかのようにふるまったりしていた。

 

でもそこで解決して、その問題を完結しないと、

また同じような状況が違う形を装って自分にふりかかってくるような気がする。

 

そこで気づいた。やっと気づいた。

 

これは、ちゃんと受け止めないといけないのだ。

 

どうして嫌だな~と思ってしまったのか。

どうしてこの人は苦手なのか。

 

相手は自分の鏡であるという言葉をよく耳にする。

 

それらの出来事や人は全て自分が引き寄せているものなのだ。

マイナスなことも、もちろんプラスのことも、

全ては自分の魂が求めている経験。

 

だからこそ、

 

全てを受け入れて、認めて、自分の心にも正直になり、

そして苦痛に思っている気持ちにも素直になって、

見つめて見つめて、

反省すべきことは反省し、許し、

そして、縮こまっていた思いを解放する。

 

それができたとき、

嫌いな人が、次の日は好きになっていたり、

苦手な仕事が楽しくなっていたり、

自分が自分であることがとっても嬉しく感じたり、

そうすると、生きることがどんどん楽しくなってくる。

 

もう逃げることなんてないんだな~ということに気づく。

 

一回乗り越えたと思っても、また同じ状況が舞い込んできたら、

また解放する。

 

自分を苦しめるのは自分が作り出した思考や思い込み。

それを、無、ゼロ、あるべき状態「ポノ」の状態に戻すことで、本来の力が出せるのだろう。

 

ハワイに「ホオポノポノ」という言葉がある。

言葉としては、「もとの状態、あるべき状態に戻す」という意味。

ヒーリングの上でのホオポノポノは祈りと共にリーダーを中心に家族内で行われたり、グループで行われたりする。

 

個人の問題をみんなで話し合って解決すると聞くけど、

実はそこにいるみんなの問題だったということもあるのではないかしら。

 

自分で解決できないことは、家族やパートナー、友達を巻き込んでもよいと思う。

人はみんな何かしら繋がりがあるのだから。

 

あるがままの自分を、まずは自分自身の愛で包み込むこと。

すべてはそこから始まるのではないかな~と思う。

ネットショップ

ご案内

ブログについて

私のオススメ

Copyright(c) 2009-2017 HanaLei All Rights Reserved.