Home » 日記 » 沖縄での気づき

沖縄での気づきHanaLei

2009年07月10日 category : 日記 

画像 003
 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロミロミに惹かれたのは、スピリチャルな部分があるからこそ。

ハワイの神話には、たくさんの神々が登場します。

そして同じように、日本にも神様はいらっしゃいます。

そのことに改めて気づかされたのは、沖縄の聖地めぐりがきっかけとなりました。

 

私はあることをきっかけに沖縄に移住し、そこで4年半を過ごしました。

沖縄は先祖崇拝の那として、よく知られていると思いますが、本当にそのとおり。

「旧暦」にそっていろんな行事があります。

お花見シーズンでは桜の下での宴会は見られないのですが、お墓の前で宴会している様子はよく見られたというほど(笑)。

 

沖縄といえば太鼓をもって踊るエイサーはとても有名ですが、それも沖縄風盆踊り。

お盆のシーズンになると、各地でエイサー祭りが見られます。

エイサーを踊りながらその土地をねり歩くことで、各家の無病息災、家内安全、繁盛を祈り、祖先の霊を供養するといわれています。

 

神人(かみんちゅ)、ゆた、のろ・・といわれる、神と人をつなげる役割の人々がいらっしゃって、

聖地や拝所(うがんじゅ)を訪れては、神様、自然、先祖に祈りをささげます。

沖縄のシャーマンとも言われ、吉凶を占ったり、メッセージをおろしてくれたり。

実際、私も沖縄市のかみんちゅさんや、久高島ののろさん、沖宮の宮司さんに、

聖地を案内していただいた経験があります。

 

ある日車で電柱に激突し、軽いむち打ちにあったときも、病院にいこうとしたら、

「ユタさんお勧めの整体の先生がいらっしゃるから、そこにいきな~霊象かもしれないからね~」

といわれるほど・・・・(汗)

 

霊象・・・ほ~んとですか~~!!!??? と、半信半疑ながらも、急いでいってみると、

一瞬のうちに、骨のずれを戻してくれたりして、確かな腕の持ち主なのですが、

そのときの私の精神状態、職場の人間関係、親子の関係・・・

いろんな方面から分析すると、そのときの私は人か物にぶつかるような状況で、

それがその時は電信柱だったのだそうだ。

そして、「今の職場、霊の通り道だから、玄関にシーサーをおくといいサ~」

とのこと・・・・

私、自分のこと何も話してないのに、なんでわかるの? なんでみえるの・・・・?

 

とっても不思議な体験でしたが、その後体調もよく、生活も順調になり。

職場はカフェだったのですが、シーサーをおいた瞬間、お客さまも増えたかも。

スピリチャルってすごいな~

 

そんな沖縄でのもろもろの体験こそが、今思えば、ロミロミの入り口になるわけです。

私に降りてきたメッセージはハワイ島のヒロだったのかな?

 

そういえば、沖縄民謡も歌詞は自然を賛美したり、男女の恋や、親への感謝を詠ったり。

まるでハワイアンソングのようですね。

 

幼少の時から都会の生活に慣れてしまった私は、情報に流され、物質を求め・・・

自分自身の声も聞こえなくなってしまったときもあったのですが、

沖縄やハワイの文化を通して、

本当に大切にするべきものがだんだんと見えてきたような気がする、今日このごろなのです。

ネットショップ

ご案内

ブログについて

私のオススメ

Copyright(c) 2009-2017 HanaLei All Rights Reserved.